jabe

三和システム株式会社 CTO 阿部順一のブログ

コミュニケーションの広がり

ブログ開設

昔からブログを書こう書こうと思いながらも、、、やっと書くことにしました。 書かなかった理由って、

  • とにかく文章を書くのが苦手
  • ずっとBtoBの仕事をしていると、考えを外に出すのが怖い、考えが変わった時に困る
  • 面倒くさがりや

といったところなんですけど、やっぱり事業を進めていくにあたって業界を変えたいと思うなら、反発があったとしても発信することって必要だなと思って。 あと、文章を書くのが上手くなりたいので練習の場としても活用します。

初回、コミュニケーション

昔から仕事で一番必要だと思っているスキル。 もちろん、話すのが上手とかそういうことではないです。 上司や部下、仲間、お客様、パートナー、色んな人と、どれだけコミュニケーションの質、量、スピードを高められるかといった総合的なものです。 話すのが上手、聞くのが上手、笑顔が上手、これはコミュニケーションスキルのごく一部でしかありません。 私は常にこれを意識しながら仕事しています。というか生きています。 むしろ、仕事のほとんどがコミュニケーションによるものなのかも。。。

コミュニケーションの広がり

今回は質、量、スピードに加えて、広がりが重要だという点について話します。 例えば、あるプロジェクトチームのメンバーを例にとると、

  1. チーム内ですらコミュニケーションが取れていない
  2. チーム内でのみコミュニケーションが取れている
  3. チーム外でもコミュニケーションが取れている
  4. 他部署ともコミュニケーションが取れている
  5. 社外でもコミュニケーションが取れている

分かりやすくするためにシンプルに書きましたけど、もちろん1→5になるにつれてコミュニケーションの広がりが大きくなっています。 大きくなればなるほど、色々な情報が得られるため、アイデアを盗んだり、既にあるリソースを活用したりすることができ、業務の効率が飛躍的に上がります。 また、自分のことを多くの人に知ってもらうことができるため、協力者が増えます。特に何かに困ったときにはたくさんの人が助けてくれるでしょう。

実践

私は執行役員として、会社のオペレーション、経営業務全般を担当しています。 とにかく見る部分が広いからというのもありますが、コミュニケーションの広がりは一番意識しているところです。 昼間は(ミーティングを除いて…ですが)作業に集中することはほとんどありません。 主にやっていることといえば、

  • チャット
  • メール(これはもうだいぶ減った)
  • バックログ
  • 色んなメンバーと会話する
  • 聞き耳を立てる

特に最後のは意識していて、他のメンバー同士が話していたらそれは全て拾うようにしています。もちろん電話している時もそうです。 最近オフィスを増床したため、ちょっと辛くなりましたが、けっこうがんばっています。 なので私はコミュニケーションの質、量、スピード、広がりについては社内で圧倒的にNo.1だと自負しています。

今に限らず、エンジニアとしてコーディングしていた頃も、けっこうこれは実践していました。 私自身、(個人的な評価だけども…)コーディングのスピードと品質はかなり良かったのですが、だからといって常に集中はしていませんでした。 チャットしながら、雑談しながら、コーディングしているというのが普通でした。 あまり集中しすぎても疲れるし嫌いだってのもありますけどね。

けど、そもそもコミュニケーションって苦手

なんです。 元々話すのが苦手だし人見知りがすごいんで、人とコミュニケーション取るのって苦手なんです。 なので苦手なら苦手なりに、自分にできることを考えてとにかく実践すると。 昔は、タバコ吸わないのに、毎日タバコ部屋に行きまくってた頃もありましたね。タバコ部屋って役職問わず色んな人がフラットに話すため、情報が飛び交ってるんですよね。

まとめ

といった感じなブログを今後書いていこうと思うんですけど、しっかり続けます。今後どういう方向性になるかは、しばらく書き続けてみないと分かりません。 色んな人に見てもらって、色んな人の意見が聞けるようになると良いなぁ。