読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jabe

三和システム株式会社 CTO 阿部順一のブログ

運動とビジネス

私は36になりますが、今でもサッカーを続けていて、東京都のリーグに所属するクラブチームの代表をしています。 あまり強くはないですが、毎週末、真剣に練習や試合をしています。

他にやっている運動といえば、フットサル、ゴルフ、筋トレ、ランニングなどです。

健全な生活のためだけではなく、運動はビジネスをするうえで必要なものだと考えています。

コンディション

これは言うまでもないでしょう。どんな業種においても、健康状態と体力は重要ですね。

ビジネスをするうえで、常にベストな状態でいること。体調管理ができていないことを、パフォーマンスが下がる原因にしたくないです。

精神力

これが一番かもしれません。何があっても折れない心、やり遂げる強い意志、運動を必死にすればするほど精神力が鍛えられます。

そのためには、適度な運動ではなく、追い込むことが必要。 よく、音楽を聴きながらランニングしている人を見ますが、あれはダメです。楽しみや効率は必要ありません。 楽しまないと続かない・・・ではなく、楽しくなくても続けられる意思を鍛えましょう。

チームワークとマネジメント

私は9歳の時に何かスポーツをしようと思い、たまたま友達がサッカーをしていたのでやり始めました。当時まだJリーグもなく、全く人気がなかった時代です。

この選択は今でもラッキーだったなって思います。

サッカーはそれぞれ個性のある選手が色んな役割を担って11人で1つのゴールに向かうスポーツです。全員が同じ目的意識と戦略を持つことは、事業を進めていくのと同じでしょう。

またチームマネジメントするうえで、勝つという目的のために色々考えます。

  • 戦略
  • メンバーのポジションや役割
  • 必要な練習
  • 相手チームの分析と対策
  • メンバーのケア

などなど。経営と同じなんですよね、やっていることが。

競争力

私は一人でただランニングするのは好きではありません。何かのトレーニングのためのランニングは除きますが。

好きでない理由は、競争が無いからです。社会はあらゆる場面で競争があります。私はどんな時にも常に誰かと競い、競争のなかで生きているようにしています。

サッカーでもゴルフでも、私は練習だろうと常に仲間と競争をしています。周りには、「阿部っていつもいつも勝負を要求してくるし、勝ちにこだわり過ぎ!」って思われていると思います。これは子供の頃からずっと変わらないので、死ぬまで変わらないでしょう。。

まとめ

色々な意見があると思いますが、運動していない人はとにかくやってみましょう。 メリットが理解できないとしても、やってみないと分かりません。 どんなことでもとにかく必死でやってみると新しい発見が必ずあるものです。

そして私は今年もうちのエンジニアに無理矢理運動をさせます。笑