読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jabe

三和システム株式会社 CTO 阿部順一のブログ

離れていても仕事が回るのか

先週3日間、家族4人で私の実家である香川に帰省してきました。年に1,2回帰省するのですが、うどんを食べて、うどんを食べて、うどんを食べて、両親や姉家族、甥っ子姪っ子たちと遊ぶだけの3日間です。

もちろん香川でも仕事はずっとしていました。 どんな感じかというと、、、

まず私の装備品はこんな感じ

常にポケットの中に入ってるもの

  • SoftBankガラケーJ-PHONE時代から15年以上キャリア変えず。ガラケーは通話とSuicaとすこーしだけキャリアメール。キャリアメールのアドレスはまだ@t.vodafone.ne.jpだったり。

  • docomoAndroidスマホテザリング専用端末。以前WiMAXだったが、田舎に行ったり建物内で微妙なので、Xi回線にしたくて変更。ほんとにテザリングしか使ってないので、電話番号も誰も知らない。入ってるアプリはテザリングOn/Offをワンタッチでできるアプリのみ。

  • iPodTouch : これがメイン端末。メール、Slack、LINE、Facebook、Eight、Evernote、などなど全部これで。もちろんゲームも。バッテリーの持ちが良いし、薄くて軽いし、最高。ただし最近はメモリ不足に悩む。。Touch6も出ないし。

あと、かばんを持つ時はこの辺が(そもそもかばんをあまり持たない)

  • iPadMini : 使いやすいサイズ。ボディバッグでも入るし。ただ文字入力が、キーボードだと小さいし、フリックだと大きいし、気に入らない。

  • ノートPC : ASUSのZENBOOKか、MacBook Airのどちらかをその日の仕事内容によって持っている。

  • Ankerの大容量バッテリーとケーブル類 : これがあると超安心するから、これは必ず入ってる。

スマホさえあればどこでも仕事ができる

今はどこに行ってもほぼネットが繋がりますよね。電話やチャットでリアルタイムにコミュニケーションが取れるし、クラウドに置いてあるファイルを見ることができるし。

帰省2日目に家族でこんぴらさんに行って奥社まで階段を1368段登ってきました。(それも2歳の娘を終始抱っこしながら!)

けっこうその日っていくつかのプロジェクトでトラブルが発生したりしていたので、上り下りしている間にチャットは何百件もチェックし、コメントし、電話も何度か。

ほんとね、あんな田舎の山の上でも仕事ってできるんですね。今は。

実家で両親や姉に、「今これさえあればどこででも仕事できるわー」ってiPodTouch見せながら言ったら、「そんなわけないやろ、何言いよるん」って笑われましたけど。

できるっちゃあできるんだけど

コミュニケーションの広がり - jabeで話したように、私の仕事の大部分はコミュニケーションによって成り立ちます。 もちろん離れていても仕事はできるんですけど、なんだかんだいってチャットよりは電話、電話よりはTV電話、TV電話よりは直接、ってなるわけです。 十分仕事はできるものの、やっぱり仲間と同じ場所で仕事をするのが一番パフォーマンスが上がるし、楽しい!

同じ空間で仕事しよう

私は会社はできる限りワンフロアーにするべきだと思っています。パートナーの方たちも必ず常駐してもらいますし、BtoBの開発では、開発メンバーはできるだけお客様のもとに常駐して開発させています。アジャイルではどれだけお客様を巻き込めるかが大事。

同じ空間で仕事をすると、コミュニケーションの質やスピードが上がるのももちろんですが、お互いのモチベーションやマインド、文化、健康状態、精神状態などを共有できるのが大きいです。三和システムの東京オフィスは、代表や私も含めて全員40人くらいがワンフロアで全員が全員を見ることができるような空間で働いています。これはほんと良い。

茨城、大阪にもオフィスがありますが、お互いのオフィスを常時カメラで映し合おうとしています。それによって視覚的に同じ空間にいられるようになります。ただ、やっぱりそれでも熱意や温度感までは伝わらない。

最近地方にオフィスを置く企業が色々話題になっていますが、あれはあれでメリットがあるのも分かります。けど、こういったことを共有できないデメリットってけっこう大きくて、それならやっぱり同じオフィスでみんなで仕事するのがベストなんじゃないのって思います。

はい、結論

離れていても仕事はできます!

ただし最高のパフォーマンスを出すには、離れていてはダメです!

実は、ちょっと野望を持っていて、東京オフィスは城山トラストタワー17階の1室にあり、昨年9月に隣の1室も借りて増床し、壁をぶち抜きました。 ちょうど増床を考えていた時期に隣にいた会社が出て、タイミングがすごく良かった。

次は隣も借りてまた壁をぶち抜いてやります。それを続けてこのフロアを制し、この城を三和のものにしてやります!