jabe

三和システム株式会社 CTO 阿部順一のブログ

行動力を上げ、より成長するための思考

人生の中で、もちろんビジネスにおいても、これまで経験したことがないこと、実現するのが無理なこと、意味が分からないこと、色んなことがありますよね。そんな時どのような思考が働きますか?

今回は思考の話を。

できる/できないはどうでも良い

私が高校生の頃、所属していたサッカー部には監督がおらず、チームの副キャプテンだったHがほとんど仕切っていました。そのHは3年間同じクラスでもあり仲も良く、勉強もよく私が教えていたのですが、サッカーとなるととにかく厳しく、怖い存在でした。私の代も下の代も、部員が半分以上辞めてしまうくらい。ただし、残ったメンバーはしっかり成長し、根性も付き、最後の大会で結果も残しました。当時は本当に辛かったことも今となっては良い思い出。

そんなHから厳しい練習中に言われた言葉が私の人生に大きく影響を与えています。

「できるとかできんとかどうでもええけん、やれや」

讃岐弁で汚い言葉なんですけどね。できる/できないって考えるより、まずやりなさいって言われました。サッカー部の中でも、技術、体力、練習量、全てがNo1だったHからのメンバーに対する要求は本当に高かった。だから「できない」ってたまに言いたくなるんですよね。そうすると必ずこの言葉が返ってくる。この言葉が私の人生に最も大きな影響を与えたと思っています。成長したい、勝ちたい、っていう思いの中練習しているのに、「できない」って言葉の意味の無さを痛感しました。

これに気付いたからといって、すぐ行動に起こせるほど私は成熟しておらず、今でも実践できているのか分かりませんが。。

できない理由を考えるのは不毛

例えば、営業が100人月規模の開発案件をとってきたとしましょう。それも納期が3ヶ月後。普通なら無理です、そんな案件。

そもそも人がいないから無理。人がいてもこの規模のものを3か月でリリースなんてできない。開発が間に合っても品質を保証できない。とか、色々できない理由って浮かびますよね。(⇒ これディフェンシブな思考って私は呼んでいます)

けど私はそんな思考は働きません。まず、どのようにすればこれが実現できるのかを考えます。(⇒ こっちはオフェンシブな思考)

  • 足りないリソースはお客様を巻き込む。
  • 本当に3ヶ月後に全てのリリースが必要なのか、お客様と調整、また分割リリースや機能削減を提案する。
  • 別のパッケージやサービスで代替できるものがないのか考える。
  • ・・・

実現方法を考え、いくつかの実行プランを立て、その後で、それらの実行プランごとのリスクを考え比較検討します。 結果、もしかしたらお客様は、納期がマストではないかもしれない、納期はマストだけども機能は削減しても良いかもしれない、お客様ですら考えていなかったことに気付くかもしれません。

できない理由なんて誰でも思いつくし、楽なんですよ。もし失敗しても、後で「だからあの時できないって言ったじゃん」とかって言い訳作りにもなりますしね。そんな議論を交わすのは不毛だし時間の無駄。それに最初からできない理由ばかりが頭の中にあると、狭い範囲での思考しか働かず、実現方法なんて思いつきません。

やる理由やメリットがなくてもやる

もう一つ、やる理由やメリットが見つからない場合どうでしょうか。どう考えてもデメリットしか見つからない場合、避けますか?

昨年の夏合宿

昨年8月にエンジニア合宿で御宿まで行きました。民宿に泊まり、朝と夜はコードを書き、昼は海です!

海に行く時、私はメンバーに最低限の現金以外何も持っていくなと言いました。

今って完全にオフラインになることってほとんど無いじゃないですか。出かける時はもちろん、寝る時だってベッドの脇にスマホ置いてますよね。お風呂に入る時も持ち込んだりする人もいたり。

仕事では、私はメンバーに休みの日でもすぐチャットに反応しろとか言ったり。常にみんながオンラインでいるのが当たり前になっています。

そんな中でオフラインになれって言われても嫌ですよね。怖いし。

それでも強引に完全オフラインにさせて海に行った結果、ものすごく充実した時間となりました。メンバーのうち1人は、運動どころか歩くことも嫌い、太陽の下にいるのが大嫌いで、それこそオフラインになることが無いエンジニアなのですが、日焼けが気持ち良いとか衝撃発言まで飛び出すほど。同じ太陽なのに、こんなに感じ方が違うんですねーって。

オフラインになることによって、それが成長に繋がったのかは分かりません。けど、今後の人生に少しでも影響を与えるような気付きがあったことは間違いないと思っています。

行動するための動機付けって意味が無い

行動を起こすことが重要であり、行動する動機付けのためにメリットやデメリットを考えることは意味がありません。(⇒ これもディフェンシブな思考)

やってみないと分からない、色んなことわざや名言がありますが、その通りだと思います。やってみて何も見つからないかもしれない、失敗するかもしれないですが、やってみないと何も見つけることができません。

世の中には理不尽なことなんていくらでもあるじゃないですか。けど理不尽だって思っているのは自分だけで、もしかしたらそれがものすごいチャンスに繋がるのかも。

私の役目

私は三和システムにおいて、全てのプロジェクトの監視をしたり、新しい事業や施策のリスクを洗い出したり、収支の予実の数字を追ったり、ディフェンシブな仕事全ての責任を負っています。技術的な部分、契約や規約まわり、会計まわり、色んな視点でみています。

ですが、そのための思考は今回お話ししたとおり、オフェンシブな思考です。そのため、営業や企画チームのアイデアについて私が実現不可能だって判断した場合でも、衝突ってあまり無いんですよね。私も実現することを考えたうえで、リスクや実現不可能な理由などを伝えるので。

エンジニアって現実ばかり見ているからこそ、ついついディフェンシブな思考に陥るじゃないですか。痛いほどそんな気持ち分かるんですよ。けど私はCTOとして、そんな思考を逆転させて、イノベーティブなエンジニア集団にしていきたいなー。