読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jabe

三和システム株式会社 CTO 阿部順一のブログ

ゴルファーを増やしたい

下書きして消して…ってのを繰り返してたらブログだいぶ久しぶりになってました。「がん検査受けてきた」ってのを最後に書いてないと、検査結果が悪かった風になってしまっていますが、検査結果は全く問題なく超健康でした。笑

先日矢野経済研究所のセミナー「ゴルファー早期リタイアの実態報告」に行ってきたんですけど、その辺の話を。矢野経済さんは、検診業界の実態調査でもお世話になっています。

www.yano.co.jp

時間が短いため、触り程度だったのかなぁというのが感想。

  • ゴルフ初心者がゴルフを継続しない理由として、時間がもったいない、別の趣味ができた
  • ゴルフショップがビギナーゴルファーにとって利用しづらい
  • 練習場がサービスではなくただの練習する場になっていて、ビギナー向けでない

といった内容。

確かにそうなんだろうけど、本質はコミュニティが形成できていないことだと思うんですよね。

例えば、私はゴルフ事業をやっているメンバーは全員ゴルフをやってもらいたいし、また身近なところでもゴルファーを増やしてゴルフ市場の成長のために僅かでも力になりたいという思いから、社員をゴルフに誘って継続的にゴルフをさせています。そのため、

  • 日頃からゴルフの話をする。業界だったりプロツアーの話だったり、技術のことだったり。
  • 定期的にコンペを開催する。年4回の私のコンペと、年6回のエンジニアコンペ。
  • 定期的に練習会を開催する。毎月2回、エンジニアで行く。

といったことをしています。

「メンバーにゴルフを継続させる」という観点ではなく、「チームでゴルフ仲間を増やす」という観点で行動しています。ゴルフは仲間とするものなので、「ゴルフを継続する」という要因の一番のポイントがそこだと思うんですよ。

昔は会社仲間だったりお客様とだったり、ビジネスのツールとしてゴルフがあり、また会員制のなかでコミュニティができていたゴルフ業界だった。けど今はFacebookやLINEなどネットでのコミュニケーションが主流となっている。ビジネスでも、メール、チャット、グループウェア、などやはりネット中心になっている。つまり、コミュニケーションがリアルしかなかった時代から、ネット中心になっている。これはコミュニティの形成も同じ。

ゴルフ市場を活性化するためには、そういったコミュニティの観点が重要だと私は考えています。つまり、ネットをいかに活用するか、若い世代でどのようにしてゴルフのコミュニティを形成していくか。そういったことからも、やはりゴルフ業界を成長するためにITとネットの力は必要不可欠であり、三和システムにはその責務があると捉えています。

2020年にはオリンピックも開催されますし、この5年で盛り上げていきたいなぁ。