jabe

三和システム株式会社 CTO 阿部順一のブログ

レスター優勝とリソースについて考える

失敗した時や行動ができなかった時、何かのせいにする人ってたまにいますよね。(たくさんいるか…)

「時間が足りないからできない」
「人が少ないからできない」
「環境が悪かったからうまくいかなかった」

とかとか。

つまり言い訳、で、言いたいのはこういうことなんですけど、↓ toyokeizai.net

レスターがプレミア優勝

で、こないだレスターが優勝したじゃないですか。これはほんとすごいことで、残留争いをするようなチームがこれといって大きな補強をすることもなく突然優勝。それも38試合もある長期戦での優勝なので、勢いだけってわけでもないんですよね。

どれだけすごいことなのかっていうのを、リソースの観点からも見ていこうと思います。

移籍金

移籍金とは、選手の値段です。もちろん活躍すれば移籍金は上がりますし、また年齢によっても変わってきたりします。

その移籍金総額は、レスターのスタメン11人分でたったの40億円程度です。中にはフリー移籍で0円だった選手も何人かいます。世界トップレベルの選手だと1人で100億超えたりするので、11人で40億っていう数字の小ささが分かりますよね。

年俸総額

プレミアリーグといえば、チェルシーマンチェスターUマンチェスターC・アーセナルなどのビッグクラブが多く存在し、それらのチームがずっと優勝し続けています。それぞれのチームの選手の年俸総額はだいたい300億円前後なんですが、レスターは約75億円(20チーム中17位)。ビッグクラブの1/4しかないんですよね。

つまり、イニシャルもランニングも激安な選手たちだけで優勝したってこと。

リソースについて考える

人が何か行動を起こす時、必要なリソースは色々あります。

  • お金
  • 時間
  • スキル
  • 情報 などなど

大事なことは、意思・選択・決断・行動であって、リソースではないんですよね。

例えば、レスターが少ないリソースで優勝したように。彼らは昨年度残留争いをしていましたが、「価値の低い選手が集まってるから仕方ない」とか「お金がないから負けるのは当たり前だ」なんて言ってないと思うんですよ。自分たちの持つリソースをどれだけ上手く活用して、チェルシーやユナイテッドに勝つか、ということだけを考えて、必死にトレーニングしたからこその優勝なんでしょうね。

例えば、大学を卒業して15年経ったわけですが、同期でも年収数100万円の人もいれば、数1000万円稼ぐ人もいる。同じ大学を卒業し、それから同じだけの時間が流れているけどこれだけの大きな差がある。卒業した時はほとんど変わらないリソースだったんですけどね。

リソースのせいにしている時点でまず成長しない。その人はずっと言い訳をし続けて生きていくんだろう。意思・選択・決断・行動をし、そこから何を得るか、が重要である。それらが正しかったか間違っていたか、成功したか失敗したか、は結構どっちでも良かったりする。